千葉県成田市のアフラック募集代理店

アフラック募集代理店

0120-68-8881
【営業時間】9:00~17:00【定休日】木曜・祝祭日

お問い合わせ・ご相談

表情が硬いね〜

2020年06月22日

こんにちは!代表の宮田です。

最近「ブログ読んだよ!」というお声を頂きます。

セットで「載せてる写真の表情が硬いね〜」という声も。

そらそうです。あんな感じで写真なんて撮られ慣れてませんから。笑

誰か教えて下さい!表情を柔らかくする方法!笑

今回は、前回のブログの続きです。

「なんで医療(がん)保険って古くなるの?」という疑問に対する私なりの回答として、

前回のブログで「国の制度が変わるから」というご説明をしました。

今回はその続き「医療技術が進歩したから」です。

まずは下の図をご覧ください。

これは病院に入院した患者さんの平均在院日数の推移です。

年々、入院が「短期化」していますね。

昨今は医療技術が進歩したことによって、患者に負担が軽い治療方法が増え長期入院が不要になってきています。

例えば、よく耳にする「内視鏡手術」や「腹腔鏡手術」など、開腹手術より体に負担が少ない手術技法がその一つです。

一昔前まで「不治の病」というイメージのあった「がん」ですら、日帰りや一泊程度の手術も珍しくありません。

もう分かりますね。

「古くなった」と言われる医療(がん)保険は『長期入院』が前提なんです。

昔の保険は「入院保障(入院日数×いくら)」しかないものもあります。通院保障はもちろん、手術保障が無いなんて保険も!?

これじゃ、スマホが当たり前の時代に『小銭持って公衆電話探してる』ようなもの(例えがヘタ)

要は、入院が『短期化』された現代の医療に適した保障じゃないんです!昔の保険はね。

医療に関わる方々の日々の努力で進歩してきた「現代の医療」に、しっかり適応した保険を持っておきたいですね。

私の表情が硬い写真も、進歩した「写真加工アプリ」で柔らかくしておこうかな。笑

アフラック募集代理店ホウエイコーポレーション 宮田 兼太郎

電話でのお問い合わせは

0120-68-8881

【営業時間】9:00~17:00【定休日】木曜・祝祭日

メールでのお問い合わせは

お問い合わせフォームへ

24時間受付


Page top